ヘッダー画像

ランキング

看護師転職サイト総合ランキング

比較表
円満
面接
ママ

転職先を選ぶ注意点

看護師の転職先

看護師の働き方

コンテンツ

ランキング調査・運営情報

ランキング

トップページ » 公務員看護師への転職

公務員看護師への転職

<看護師の種類に公務員看護師があります>


公務員看護師とは、国立病院に勤務する看護師や地方自治体が管轄する病院に勤務する看護師のことです。 公務員看護師はその名の通り、公務員です。 よって、公務員の待遇を受けることができるメリットが人気であり、転職を希望する人が多いようです。 では、公務員看護師の種類、そしてそれぞれの特徴について御紹介しましょう。 まずは国立病院で働く看護師についてです。 国立病院で働く看護師は、国家公務員の扱いを受けます。 身分が保障され、年収は看護師平均の額を上回ります。 年金や退職金も一般的な病院に比べると高めに設定されています。

また、国立病院で働く看護師は、日本全国の国立病院への転勤が可能です。 結婚されている看護師であれば、御主人の転勤に伴い、転勤先にある国立病院への転職が可能となる訳です。 国立病院では診療科目が多い点が特徴です。 よって、そこに勤務する看護師は様々な科目での看護経験を積むことができ、自身のキャリアアップへつなげることができますね。

<公務員看護師は、地方自治体が管轄する医療機関での勤務を行います>


・いわゆる市立病院や市営病院での勤務です

そうした地方自治体の病院に勤務する看護師は、地方公務員としての扱いをうけます。 となると、地方公務員の資格を取得する必要があるの?と思ってしまいますね。 実は、看護師は看護師資格という国家資格を有していますので、地方公務員の資格を改めて取得する必要はありません。 新卒では民間の病院で働き、その後、地方自治体の病院へ転職をする人も少なくありません。

待遇の良さから、公務員看護師への転職はかなり人気が高いです。 求人が発生してもすぐに求人募集が締め切られるといったケースもよくあります。 希望の求人を見逃さない為にも、公務員看護師への転職では看護師求人サービスの利用がオススメです。 公務員として働きたいといった希望を伝えておくと、条件にマッチした求人が発生した際、すみやかに連絡を受け取ることができます。 看護師求人サービスは、公務員看護師に転職したい人の強い味方となることでしょう。