ランキング
勤務地(必須)

    北海道

    東北

    関東

    中部

    近畿

    中国

    四国

    九州

    拘らない

雇用形態

    常勤

    日勤

    その他

職種
    正看護師
    准看護師
    助産師
    保健師
拘り検索
    非公開求人あり
    お祝い金あり
    休日対応あり

『勤務地』チェックしてください
結果が表示できません

看護師転職サイトオススメ

地域特化型 おススメ転職サイト

高採用率の おススメ転職サイト

支援金が高額 おすすめサイト

派遣やパート、単発おすすめ

ベネッセグループだから安心!
⇒⇒⇒ベネッセMCM

比較表
円満
面接
ママ

転職先を選ぶ注意点

看護師の転職先

看護師の働き方

コンテンツ

ランキング調査・運営情報

ランキング

看護師しつこい

転職サイトを利用する理由

一般に公開されているハローワークなどの求人は「公開求人」で、なかなか好条件の求人は見当たりません。というのも好条件の人気求人はここで紹介しているような転職を専門としているサイトが「非公開求人」として登録者に紹介しているからです。 しかし、この転職サイトも数多くあり各社の人気求人獲得競争が激しいものになっているのが現状で、私たち看護師としては迷うところなのです。サービスは各社様々で、自分で検討してみるのもいいですが、ここでは、私が看護師の目線でサービス、口コミ評判、コンサルタントのスキルなどを調べた結果、総合的におすすめできる看護師転職サイトをランキングにしました。参考にしてもらえれば嬉しいです。

看護師が辞めたい理由

登録

1位 人間関係
2位 仕事がきつい
3位 結婚・子育て・出産
4位 賃金が安い
5位 思うように休めない
仕事を続けるうえで『人間関係』が嫌になり転職を考えたと言う意見が一番多かったです。やはり働くうえで人間関係がよくないと仕事は、長続きしないみたいですね。 転職サイトを利用する際、コンサルタントに職場の雰囲気や内部情報をしっかり聞いてから転職先を見つけるように心掛けましょう!コンサルタントに職場の雰囲気や内部情報をしっかり聞いてから転職先を見つけるように心掛けることで人間関係で辞めたいと思うことがなくなるでしょう

    
無料登録一覧 求人数(件) 非公求人 満足度 対応地域 詳細はこちら
マイナビ看護師
非公開 多数あり ★★★★★ 全国  
看護のお仕事
128,000 多数あり ★★★★★ 全国  
ナースではたらこ
103,000 多数あり ★★★★ 全国  
医療ワーカー
25,000 多数あり ★★★★ 関東/関西/東海  
ナース人材バンク
100,000 多数あり ★★★ 全国  
ナースフル
100,000 多数あり ★★★ 全国  

ハローワークと転職サイトの違い

 ハローワークとは厚生労働省が管轄している「公共職業安定所」という行政機関で、通称「職安」(しょくあん)と呼ばれており、失業者に仕事を斡旋するといった「雇用の確保」を目的で、仕事を探す場合、一般に、誰もが利用できます。 ハローワークや求人誌は全ての求職者が対象で、いろんな人から問い合わせがきますが、なかなか必要としている人材を確保できないのが現状で企業は優秀な人材確保が課題になっています。
また、求職者が少ない「売り手市場」の場合、募集してもなかなか人材が確保できない問題があります。
看護師はまさにこのケースで「超売り手市場」といわれ企業は看護師の確保に必死になっています。 そこで、今、企業は「必要な地域」で「必要な仕事」を「必要な時」に「必要なだけ」という条件に合致した人材を効率的に確保できる転職サイトに求人を出すことが一般的になっているのです。 転職サイトはこのようなニーズをビジネスとして様々なサービスを提供しています。対象としてスキルアップしたい、給与など条件を改善させたいといったような人の転職活動を主にサポートしています。

<看護師転職サイトのメリット、デメリット>


メリット

「転職サイト」に登録すると様々なサービスが受けられます。まずはメリットをリストアップ。
・登録するだけでどこにいても転職について知りたい情報が得られる。
・キャリアプランについての相談やアドバイスがもらえる。
・自分の希望を伝えると、希望に合った求人を見つけてくれる。
・転職サイトにしかない非公開求人の情報が得られる。
・希望に合った求人の職場環境や実態など詳細な情報を調べてくれる。
・履歴書や職務経歴書の書き方のサポートが受けられる。
・面接の調整や面接のアドバイスも行ってくれる。
・面接に同行してくれて言いにくいことや聞きにくいことも代行してくれる。
・給与、勤務条件の交渉なども行ってくれる。
・全てのサービスが無料で受けられる。

デメリット

・非公開求人の好条件求人は競争率が高く、即断を求められることがある。
・転職に対するスタンスの違いで情報提供が多くある場合、しつこく感じることがある。

<ハローワークのメリット、デメリット>


各地域に密着したハローワーク、最近はインターネットで求人検索ができるようになってきましたが、メリットやデメリットをみてみましょう。

メリット

・求人広告費がかからないのでハローワークに求人の依頼をするため求人件数が多い。
・地域の情報に精通している。
・地元の小規模のクリニックなどの求人情報が豊富にある。
・病院側に紹介料がかからないので採用するのにハードルが低く採用されやすいこともある。
・条件を満たせば失業手当を受けることができる。

デメリット

・多くの求人が集まるが、求人の質が低いものも多くあり実態がわかりづらい。
・空求人が存在する。
・中小の医療機関の求人が大半を占めており、賃金水準に差がある。

<まとめ>

 今では、ハローワークもインターネットで求人情報を閲覧できる様になり、「雇用確保」という目的ながら有益な求人情報も得られます。スキルアップや条件の改善といった転職をする場合、転職サイトをおすすめしますが、ハローワークと併用してそれぞれの利点を生かした転職活動をすることも有効です。検討材料が多くなるかもしれませんが、納得できる転職をするためにはより多くの情報から有益な情報をチョイスすることです。